2011年10月1日土曜日

矯正の話①

タマゴ双子でした。

前回、矯正の話をしましたが
人それぞれ考え方や思いは違うと思います。
ただ、我が家の場合はどの様な過程を辿るのか
残す為のもので、決してそれが正しのかは分かりません。


歯科医で、先生が「2人共、舌の筋が短いから切りましょう…。」
「まず切ってからでないと、矯正出来ませんね…。」
そう言われ、一瞬びっくりしました。
少し不安になり、後日、別の矯正歯科の先生の元へ行く事へしました。
すると、そこの先生は「私なら切りませんね…。」
「この程度なら、ストレッチなどすれば大丈夫ですよ。」
やっぱり、先生によって考え方や治療方針は違ってくるもの…。
しかも、弟のほうは、まだ、経過観察程度で良いとの事。
前の歯科医では、矯正に使うマウスピースの様な物を
使い回して弟にも使うと言われたのですが、
今回の歯科医では,その様な事は出来ないと…。
やはり、マウスピースと言えども、その人に合った
形にするので、難しいと…。

「ただ、このマウスピースでの治療をするなら
年齢的にもギリギリの所です。」と言われ
我が家では、どうするか考え中。
値段的にも、私達家族にとっては
大きなお金なので、慎重に考えなければなりません。
ただ、治るのであれば治してあげたいのが
親としての本音。


ただ、成長期の時期に骨格が成長して
また矯正をする可能性もあると…。

ひどい場合には20歳位に手術と言う手もある…。
(骨格の問題の場合には)
まだ、10年以上先の話であって
今現時点では何とも分からないと…。
今回の治療で治る場合もあるし、
一年程度かかるものが
2~3ヶ月で治る子もいると…。
ただ、治ったからと言っても
治療は続く様です。
外見的には元気で身長も大きいし
体格も良いし…。
だけど、病気になると
厄介な病気になったりする事もありました…。
双子だったから??
そんな事はないはず…。

どうか、元気に育って欲しいと思う
親の思いです。



玄関にカマキリがッ!!
出かけようとしても鍵がかけられないよ~っ!!








1 件のコメント: